2018年4月19日木曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.62】

4月15日(日)、わらしべ定例会がありました。
13名が出席し、先月に引き続いて顧問の沢田先生にいらしていただき、
中学年向けを2作、低学年向けを1作、幼年向けを1作、合評しました。

 中学年作品では、「グレードの設定」について、いろいろ意見が出ました。
・この作品のおもしろさがもっと生きる、別のグレードがあるのではないか。
・キャラクターの魅力は、低学年の子の方がよろこぶのではないか。
・しかし、作品のある場面の、世の中の真理をついているようなところは、
高学年向きなのではないか。
 私も、書いた後でグレードで迷うことがよくあるので、まるで自分の作品が
合評されているような気持ちで聞いておりました。
 また、話のオチによって、ふさわしい長さがある、という、ボリュームについての
意見もありました。

 もはや直す部分などないのではないかという、完成度の高い作品についても、
沢田先生から、もっと作品をよいものにするためのアイデアが出されました。
 それは、「作者に都合のいい登場人物を消してしまおう!」というもので、
これは、いよいよ改稿に行き詰ったときの必殺技となるかもしれません。

 低学年向け、幼年向けの作品では、分かりにくい点の指摘を中心に意見を
出し合いました。
人に読んでもらうまで、分かりにくさに作者が気づかないことがあるので、
こうした合評の場があることは、本当にありがたいことだといつも思います。
                         (担当:山下みゆき)
【会員のニュース】
☆メンバーの萩原弓佳さんが、「浜田広介記念館だより」第18号で紹介されました!



  


2018年3月27日火曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.61】

 3月18日(日)例年より桜の開花が早そうだという声が聞かれるようになりました。
今日のわらしべ定例会は、全員出席! そして顧問の沢田先生もご出席です。
久しぶりに会った面々が、笑顔で話す声にその場の空気が和みます。
 
 開始直前、机の上にはずらーっと会員の皆からの、差し入れのお菓子が並びました。
わあ、嬉しいと思いきや、そのうちの一人は退会のご挨拶という事でした。自身の創作を
見極めての転向とのことです。






 別のメンバーで、創作から離れていた時間に以前から書き溜めていた「詩」をまとめて
冊子にし、配布した人がありました。装丁から全部手掛けたというおしゃれな詩集。
『うつら うつら』(乾さき子)






話を頷きながら聞いている一同、今日の笑顔の陰で、悩みながら創作を続けていることが
伝わります。お互い同志と感じました。

今月は冊子用作品合評の第2回目。全部で7作品を合評しました。
冊子用作品なので、公募入選などを目指したものではなく、わらしべらしさの光る冊子に
できるようにという観点から合評をしていただきました。
作者は沢田先生から「優し目コース、厳し目コース」のどちらかを選択して意見をいただけるという試みもあって、楽しく盛り上がりました。
 書きたいものを書くことと、メッセージを伝えるために書くこと、そして読者の側に
立ってみること、それらのバランスを考えて良い冊子にできるよう、ひとりひとり作品を磨きましょう。
 
 さて、わらしべも発足から5年半の歳月がたちました。「わらしべ通信」も毎月更新して61号となりました。ここまで活動してこられたのは、顧問の沢田俊子先生をはじめ、
会の様々な役割分担を担ってくれた会員皆のおかげです。
 わらしべでは、このサークルブログ以外にも、書記担当者が会員向けの毎月の議事録を作成し、欠席者も含め全員に毎月添付して情報を共有しています。

 また、全国各地から同人誌をご恵送くださる、他サークル、創作同人グループの
 みなさま、いつも皆で回覧し学ばせていただいています。ありがとうございます。
 今後とも、童話サークルわらしべを、どうぞよろしくお願いいたします。

                                                     
                                                                           (担当:藤谷クミコ)