2017年4月20日木曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.51】

 4月19日、お花見日和の春の陽気でした。わらしべ定例会には15名が出席。
先月に引き続き顧問の沢田俊子先生にご出席いただき、5作品の合評です。

 わらしべも5年目に入りました。毎月欠かさず定例会をしてきました。マンネリ感や停滞感を案じたこともありましたが、有り難いことに新メンバーが新風を吹き込ませてくれています。今日の作品は、そんな風を感じる5作品でした。

そのうちの2作品は、何度も書き直されたとの作者の弁。客観的に読むことが難しくなっているので、迷走しているという先生の指摘でした。
・珍しい動物が主人公の作品は、生態とストーリーに整合性を。
・色彩からインスピレーションを得た作品でも、無理に色彩アイテムを詰め込みすぎない。

他の3作品は、身近な動物が題材の作品、作者の人生経験より書かれた、深い問題を背景にした作品、日常の一コマから生まれたユーモアあふれる短編作品でした。
・エピソード、登場人物の工夫で、ありきたりを読ませる作品に。
・誰の視点で書くかが大切だが、その視点になり切って心情を書くことが必要。
・ラストを一ひねりして、是非公募に!

 どの作品の合評も、前向きな意見が出て、先生のご指導を合わせると、書き直しに無限の可能性を感じました。こういう合評会を続けていけたらいいなあと思います。

さて、先月沢田先生よりいただいた宿題作品の提出がたくさんありました。皆、楽しみに持ち帰りました。来月も充実の合評ができますように!
                          (担当:藤谷クミコ)

●萩原弓佳さん 新刊(アンソロジー)2冊発刊



3分間ノンストップショートストーリー
ラストで君は「まさか!」と言う 時のはざま
ラストで君は「まさか!」と言う 予知夢    (PHP研究所)




2017年3月27日月曜日

だんでらいおん

3月11日(土)に下北沢のカフェで、だんでらいおんの合評会を行いました。
参加者は、5名。
春の兆しが感じられる陽気の中、ゆったりした雰囲気に包まれながらスタート。
始まるやいなや、いつもと同じく真剣な意見交換が繰り広げられました。
他の人に読んでもらうと、自分では気付かなかったことに気づかされます。
今回も、大変有意義な合評会でした。
合評の後には、スイーツもいただき、満足、満足♪
 
 さて、嬉しいニュースがありましたので、ご報告。

 メンバーの真山みな子さんの作品「まぜまぜやクルクル」が、「第38回子どもたちに聞かせたい創作童話」で、「1部入選」を受賞されました!

 そして、よねむらけいこさんの作品が、『あなたのとなりにある不思議 ぞくぞく編』(ポプラ社)に掲載されました。

 お二人とも、おめでとうございます! ♪♪\(^O^)/♪♪
 お二人の成果を励みに、他のメンバーのみなさんもどしどし創作しましょう!

 それから予定ではありますが、保育雑誌『すきっぷ4月号(2017年度)』(株式会社メイト発行)に、音森ぽこのお話と五行詩(こちらは表紙に)が、掲載されます。ありがたいことです。
以上、今回のブログ執筆は、音森でした。             (音森ぽこ)



2017年3月24日金曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.50】

本日のわらしべは欠席者(休会を含めて)が多く11名という少し寂しい集まりとなりました。
顧問・沢田先生の「提出作品が少ない。みんなもっと書かなくちゃダメ!」という、緊張感あふれるお話からスタート! 「書く以外上達の道はない。書くのみ。みんなもっともっと自分の夢や目標を見つめ、それに向かってひたすら書くべし。書こうと思えばもっともっと書けるはず」に返す言葉もありません。もっともっとたくさん書かなくちゃ!と反省しました。
 
本日の合評は、3本。少ないながら、ナンセンス系、ほっこり童話、日常童話、とバラエティに富み、内容は盛りだくさんでした。
書き直しのポイントは
・ナンセンスならとことん突き抜けてぶっとんだ展開を目指せ!
・動物を出すと「かわいい童話の雰囲気」を簡単に出せてしまうけれど、安易に頼ってはだめ。
・詳しく書くところと、はぶいていいところのバランスが大事。
・主人公の心情を丁寧に書こう。
などなど。

沢田先生から宿題が出ました。
それは、一枚目だけ配られた童話の続きを、次回までに書いてきて、提出するのです。
5種類あります。それを裏向けにしてテーブルに置き、ひとり1~2枚取っていきます。どんなお話があたるのか、よく分かりません。私は「運と縁」を信じて1枚を選びました。次回までに続きを書かなければいけません。どうなりますやら。

見学者があり、入会されました。これから一緒にがんばっていきましょう。
                             (担当:萩原弓佳)


2017年2月20日月曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.49

 219日、わらしべ定例会には14名が出席でした。チョコレートの差し入れを嬉しくいただきながら、6作品を順に合評です。
 今日の作品は、バラエティ―に富んでいて、それぞれの作品に皆が発言したいことがたくさんあって、どんどん意見や感想が飛び交いました。
というのも、どの作品にもその作者ならではの背景が垣間見えるのですが、同時に不十分な点も多々あって、伝わり方が実にバラバラだったのです。
 
問題点を整理してみました。
・幼年作品に使うエピソードの数とキャラクターの書き分け。
・必要なアイテムや 情景について、読者の想像力で補いにくいことはわかりやすく書く。
・作品背景で読者に必要な登場人物の心情は、前半に書いておく。
・習作でもメッセージ、テーマをしっかり決めて書く。
・公募を目指すなら、既存作品に無い独自性をプラスするべき。
・対象年齢の理解ができていない。
・時系列や登場人物が混乱している。
・作品にするにあたって元になった事実と創作のバランスを、どのように考えるか。
・物語(主人公)が動き出すタイミング。
・作者のこだわった箇所が、読者にとっては読むのに疲れる箇所になった。
など、合評しながらお互いに気づかなかった点を発見していった時間でした。

読書家のメンバーからは、本の紹介も兼ねた作品世界への意見が出たり、出版を果たしているメンバーからの叱咤激励的発言もあり、こうやって集う事の有り難さを感じました。
合評を受けた6人が書きたい世界を「こんなふうに伝えたい」と感じられた合評会だったと思います。参加者の中からも、自作に共通の問題点として学べたという声が聞かれました。 

さらに、スペシャルなおまけ時間として、会員の井上林子さんより、幼年童話の近著『マルゲリータのまるちゃん』 について、発刊にいたるまでの行程、ウラ話、などを細かに教えていただきました。幼年作品ならではの、画家さんとの関係やこぼれ話も興味深く聞きました。
身近にこんなに丁寧に語ってもらえる作家さんがいるメンバーは、とてもラッキーです。                                          (担当:藤谷クミコ)

●井上林子さん「わらしべ通信NO.45〜NO.47」で紹介した1〜4巻目に続き
シリーズ5巻目 発刊
『11歳のバースデー ぼくたちのみらい3月31日 四季和也』(くもん出版)




2017年2月10日金曜日

とんとんぼっこ



 この冬は雪がよく降ったので遠方からの参加者が心配でしたが、今年初の例会128日は暖かくよい天気でした。
まず、昨年一年間の会計報告ののち、今年の活動計画について。合評会は年4回、1月、4月、7月、10月に行うこととし、今年新たに取り組みたいことなど話し合いました。
合評作品は7作品、時間を延長して合評しました。
昨年の童話塾で拾ったタネを育てようと取り組み続けているお話は、どこにこだわるかを再確認。公募に向けたお話は公募の求める物語にどう近づけるか。同じ主人公のいくつかの短い物語を中編にまとめてみる試みや、思春期の少女の親子関係を親とはぐれた動物と絡めて描いた作品はどちらも生き物への思いが詰まって、整理が必要。そして、思いが詰まっているといえば、昨年から書き始めた方の作品。実体験から得た、たくさんの思い出があるせいで、まだ、事実をならべたあらすじになっていると指摘がありましたが、それを『読める物語にしたい』という思いに、みな全力応援のかまえです。
「事実に縛られない。少しずつ場面を切り取って描いていこう」というアドバイスは、全員にも共通するところです。伝えたいことを、盛り込みすぎず、どこにフォーカスして伝わるように描くか。今回、共通していたところのようでした。
自分で書いているときには見えにくいことが、人の作品を読むと気がつくという実感もあり、合評の力も上がってきているようです。
それぞれが自分の課題を見つけて向き合う空気が感じられ、『合評の基本』を忘れずに活動を続けて行こうと気合をいれて、とんとんぼっこ三年目、スタートです。
次回は4月22日土曜日の予定です。            (さとうともこ)




2017年1月20日金曜日

わらしべ

【わらしべ通信NO.48


 2017115日、新年初めの定例会でした。17名が集う会場の窓の外には雪が舞っています。12月の勉強会の熱い余韻からか、出席者の面々からは今年の意気込みが感じられる気がしました。
まずは、新メンバーの紹介があり、皆が拍手で迎えました。
 続く会員相互の情報交換では、ステキなお知らせやニュースもありました。

今日は、短い作品の合評でいろいろな事を考えました。
顧問の沢田先生より教えていただいた「1枚童話」という発想の訓練。チャレンジしてみたが、1枚に収まらなかったと提出されたものが2作品。
それぞれの作者も気づいている問題点もありましたが、皆から意見を聞いてより一層はっきりしたようです。
物理学の事象を題材にした、ユニークなオチのある1枚童話6話の提出で速読合評をしました。どれも、面白く洒落た印象を受けましたが、物理の用語や内容が難しく、イラストや映像が欲しくなる作品でした。
幼年向け3枚作品も速読合評しました。作者の聞きたいポイントがはっきり提示されていたので、意見を出しやすかったです。
あと2編は18枚(高学年向け)と10枚(中学年向け)の作品。
物語設定で不自然な個所、違和感のある個所、文章表現やテーマについてなど、たくさんの意見が出ました。
全体を通して、意見が次々飛び交い、その中でどっと笑いが起こるという楽しい?合評会でした。
酉年にちなんで、「童話サークルわらしべ」が羽ばたく年になりますように! 

                           (担当:藤谷クミコ)



2016年12月22日木曜日

わらしべ

わらしべ通信NO.47


 1218日(日)街はすっかりクリスマス色、朝からとても良い天気です。
わらしべの皆が待ちに待った年に一度の特別な勉強会。今年は講師に愛知県より、野村一秋先生にお越しいただきました。顧問の沢田俊子先生、そしてわらしべ会員17名が出席、聴講生4名の参加があり、会場は興奮と熱気でいっぱいでした。

 

          



野村先生のご好意に甘え、わらしべ会員が8作品(低学年向け6、中学年向け1、高学年向け1)を提出し、読んでいただきました。
少し緊張した空気の中で始まった合評ですが、作品を通しての意見となると、ぐっと距離が縮まったやり取りになります。野村先生の温かく愛のある批評は、それぞれの作者はもちろん、参加者の皆の心に響きまくって、大きな余韻の中で終わりました。
 作品に即して、「モチーフの使い方が説得力に欠ける」「主人公の心の揺れ幅が少ない」「多元視点の作品の難しさ」「作者の描いた理屈に無理がある」等の問題を、具体的にわかりやすく教えていただきました。
 中でも、「作者が読ませたいところと読者が読みたいところのズレ」のお話は、いかに読者の視点で推敲することが大事かが身にしみました。
「設定に制約がある方が、物語がドラマチックになる」という技巧的なご指摘には、創作の醍醐味を語られていると敬服しました。
 合評のあとには、「漢字の使い方について」と「見直したときにいかに省略するか」について、超具体的にお話しくださいました。
 本当に充実した勉強ができました。野村先生、ありがとうございました。

また、聴講生の中から入会の希望もありました。
終了後、引き続き懇親会で和やかなひと時を過ごし、とても幸せな一年の締めくくりとなりました。
 顧問の沢田俊子先生のお力添えで発足した「童話サークルわらしべ」も、早や四年が過ぎ、新しい出会いにも恵まれて毎月の定例会を続けています。
 今年は、メンバーの活躍もたくさんあって大いに刺激を受けました。
2017年も、会員一同ますます精進していきたいと思います。
                          (担当:藤谷クミコ)


※会員トピックス※
●山下みゆきさん 第31回家の光童話賞受賞「五月のかがみ」(2017.1月号掲載)
●はやしまきさん 第31回家の光童話賞佳作「こんもり山のニットばあちゃん」
         児童文芸2016.12-2017.1月号「駄菓子屋の思い出」掲載

●井上林子さん

「わらしべ通信NO.46」で紹介した2.3巻目に続き
・シリーズ続刊出版
11歳のバースデー ぼくらのスマイル・リップ1225日冬馬晶』(くもん出版)
    

・新刊出版
『マルゲリータのまるちゃん(たべもののおはなしシリーズ ピザ)』(講談社)

・「神戸新聞」おはなしの森に「もこもこジュエリー・ビッグベア」掲載